ブログ:: 婦人科検診・乳腺内科・不育症など、女性が健康的に生きるためのお手伝いをする山本ウィメンズクリニック

山本ウィメンズクリニックの基本情報

Tel:0586-23-3715

診療日: 月曜日〜土曜日 休診日:日曜日
住 所:〒496-0922 愛知県愛西市大野町茶木58番地
最寄駅:JR関西線「永和」駅から徒歩2分

サイト内での現在位置

スタッフ募集しています。

温かい日が多くなり、桜もそろそろ咲き始めていますね。

春の訪れとともに新しい職場で一緒に働きませんか?
当院は、患者さんのみならずスタッフにも居心地のよい職場を目指しています。
明るく思いやりのある方、前向きな方のご応募をお待ちしています。
お気軽にお電話でご連絡下さい。
①準/正看護師さんパート
夕診週1~・土曜月1~も勤務可能な方
勤務時間:8時30分~19時30分まででシフト制
時給:1350円~1600円(当社規定による)
     (17時以降は+100円)
産科経験・能力・勤務評価・勤続年数により昇給・賞与あり
社会保険、制服貸与、交通費規定により支給、社員割引一部あり
②看護補助さんパート
勤務時間:15時30分~19時30分頃
     夕診を週2回以上可能な方、
時給:1000円~
能力・勤務評価・勤続年数により昇給・賞与あり(当院規定による)
制服貸与、交通費規定により支給、社員割引一部あり

2015.03.17 16:37|コメント(0)

留学前の予防接種・英文証明書について

 

留学を予定される学生さんは、

留学に必要な『予防接種』『健康診断』をご準備下さい。

当院では国産・輸入ワクチンを含め必要なワクチンをほぼ常備しておりますので、

最短で接種を計画することが可能です。必要な方には英文証明書も作成いたします。

複数回必要な予防接種は数回の受診が必要です。

留学に必要な内容が分かり次第、受診していただけるとスムーズに計画をたてられます。

初診時にはできるだけ事前にFAXの送信(問診票・HP内よりダウンロード)とお電話にてご予約をお願いします。

母子手帳(過去の予防接種の記録)、留学のための書類一式を必ず初回にご持参下さい。

持病や経過観察中の既往のある方では主治医に英文診断書を発行してもらって下さい。

(既往症の診断書には、診断名、経過・内服中の薬・量・留学先での対応について記載してもらうとよいでしょう。)

 

一般的な留学時に必要な予防接種などについてご紹介いたします。

①ツベルクリン反応

ツベルクリン反応接種後、48又は72時間後に判定になります。

当日と2又は3日後の受診を予定して下さい。

ツベルクリン反応が陽性の場合は、胸部Xpや血液検査が必要になります。

②三種混合/Tdap (国産/輸入ワクチン)

日本では三種混合ワクチンを乳児~小児期に5回接種されています。

留学先によって、規定回数の接種が必要になります。

また、アメリカなどではTdapワクチン(海外で接種される三種混合ワクチンです)での接種が要求されている場合があります。

その場合は、指定されたワクチンで接種が必要になります。(当院で接種可能です。)必要な回数接種します(通常は1回)。

③ポリオ(国産)

日本は数年前まで生ポリオ(OPV)ワクチン2回接種法でしたが、不活化ポリオワクチンは複数回の接種が必要です。

従って、ポリオワクチンを3回以上接種していることを要求されることがありますので、指定回数接種が必要です。

4回接種を指定されている方は、4週間あけて2回の不活化ポリオワクチン接種を予定します。

④A型肝炎(国産/輸入ワクチン)

東南アジア・中国・インドなどに留学される方は、流行地域のため、接種をおすすめします。

先進国の衛生的な環境での留学時には必ずしも必要ではないかと思われますが、

アメリカなどではA型肝炎も定期接種の州がありますので、接種を要求されることがあります。

合計2又は3回接種です。

⑤B型肝炎(国産)

人から人に、体液(血液・唾液・尿・汗・性行為など)を介して感染します。

長期間留学され、現地の方とコミュニケーション機会のある方は接種をおすすめします。

海外ではB型肝炎も定期接種の国が多いですので、接種を要求されることがあります。

最近は、日本でも乳児~小児期に接種される方が増えてきました。合計3回接種です。

⑥髄膜炎ワクチン(輸入ワクチン)

人から人に飛沫感染によって伝播します。

流行地域以外でも、集団生活を送る方(寮など入る方)は要求されることがあります。

髄膜炎ワクチンは2種類あります(MPSVとMCV4)ので、種類の指定に合わせて

1回接種します。1回で約3年の効果です。(当院で2種類とも接種可能です)

⑦日本脳炎

日本でも定期接種です。

流行域であるアジア地域へ留学される場合は接種が必要です。

過去の接種記録を確認し、接種を検討します。

⑧麻疹・風疹・おたふく・水痘

留学先によって、2回以上の接種を要求されることがあります。

また、上記の病気に罹患した場合や血液検査(上記の抗体検査)で抗体上昇が確認されれば予防接種不要となる場合があります。

小児期に罹患した場合は、診断された年・月・日が必要な場合が多いため、あらかじめ母子手帳や診断された医院にてご確認をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

2014.12.22 16:02|コメント(0)

光治療:美肌治療を導入しました。

 

美肌治療のための医療機器:ウルティマフォトソールを導入しました。

気になる方はお気軽に女性医師にご相談下さい。

専用時間に完全予約制で施術いたします。

あらかじめお電話にてご予約をお願いします。

【このような方にお勧めします】

●最近、お肌の衰えを感じる方

●美肌の土台を底上げしておきたい方

●『お肌のくすみや赤み、毛穴の開き』などのお肌の老化サインを感じている方

●ニキビができやすく、外用薬や内服薬だけで中々改善しない方

   その他、うすい産毛が改善することがあります。

定期的な施術を行うことで、お肌の若返りや透明感を与えます。

施術後、すぐにお化粧などが可能です。

『ウルティマフォトソール』は

光治療(フォトフェイシャル:IPL)と高周波(RF)を組み合わせた美肌治療です。

 

光には波長によってメラニンに反応しやすい波長や赤みに反応しやすい波長などがあります。

IPLの光治療は、様々な波長の光を同時に照射しますので、

しみや赤みを改善し、透明感のある美肌へ誘う総合的な光治療です。

高周波(RF)とは、お肌の深いところに熱を与えることで

新しいコラーゲンの生成を促し、毛穴のひきしめやハリ感を改善する効果があります。

これらの光治療(IPL)と高周波(RF)のダブル照射が可能なのがウルティマフォトソールです。

ウルティマフォトソールと同じメカニズムの美肌治療としては、『オーロラ』などが有名ですが、

オーロラに比べて、高周波をさらに強く設定できるため、毛穴のひきしめやタイトニングなどによりよい効果が期待できます。

肌へのダメージも少なく、美肌治療初めての方も安心して施術いただけます。

肌の老化サインを感じ始めた方、にきびにお悩みの方などに特におすすめです。

 

【当院のこだわり】

一人一人の肌の悩みについて丁寧にカウンセリングします。

悩みや症状に合わせて、7種類の光波長フィルターから最適なものを選び、

一人一人の肌質に合ったオーダーメイド光治療を行います。

しみ、毛穴の開きなどの部分的なお悩みには、部分ごとに治療設定や施術方法を変えて施術。

最善の結果となるよう心掛けています。施術は全て女性医師が行います。

 

【光治療ができない方】

●金製材の使用、金の糸などの施術後の方

●体の中に何かしらの金属が入っている方

●金製材やプラチナ製材の入った化粧品をご使用の方

●光線過敏症の方(日光などで皮膚が過敏に赤くなりやすい方)

●光線過敏症を起こしやすい薬を内服中の方

●シリコン注入既往のある方

●ヒアルロン酸などのフィラーを行ってから1週間以上たっていない方

【注意】 

●人の顔のしみには複数の種類のしみがありますが、肝斑を悪化させることがあります。

少しでも悪化を防ぐために、肝斑のある方は光治療前にトラキネサム酸内服やハイドロキノロン外用を行うことをおすすめします。

ご相談ください。

【料金:施術は女性医師が担当します

●カウンセリング料金:4000円(初回のみ)

(但しカウンセリング後にそのまま施術をおこなった場合、カウンセリング料は不要です)

全顔【両頬・あごまわり・額・鼻】美肌トータル治療 

  お肌の症状によって部分照射を加え、お顔全体を丁寧に治療します。

1回 3万円  3回コース:76500円(15%off:25500円/回)

両頬のみ

1回2万円  3回コース:51000円(15%off:17000円/回)

部分照射(あご周りのみ)(額のみ)

 1回1万円 ニキビなどの局所的なお悩みの方  

 

2014.10.20 16:08|コメント(0)

1 / 1412345...10...最後 »

医院付帯情報

診療カレンダー

休診
午後休診(16:00~18:30)
予防接種外来(水・土)

医院からのお知らせ・スタッフ募集

  • スタッフ募集
  • 美容注射・点滴
  • 子宮がん・子宮頸癌・卵巣癌・乳がん